京都の京都らしい物件・リノベーション・おしゃれな物件探し

お問い合わせ

tel. 075-708-2686

CONTEMPORARY COCOON ROOM702

 京都シェアハウス タマゴのから

 京都シェアハウス タマゴのから

TOP > 京都シェアハウス タマゴのから > 草間 彌生

草間 彌生

t02200293_0480064011765892798

 

今日のお3時音符は草間彌生カボチャクッキーコーヒー

直島土産に頂いた

長野の松本で始めて草間 彌生さんの作品を見て燁ビックリ!?

コンテンポラリーアートって一言では語れないし、自分の中で上手く消化できないというか、、

何でもありだなぁ~って思うものもあれば、きちんとコンセプトメイキングされてるものもあるし。。

とにかく、驚いた訳です。

草間さんの経歴を少し…

10歳の頃より水玉と網模様をモチーフに絵を描き始め、水彩、パステル、油彩などを使いこなし幻想的な絵画を制作していたとの事。。

1957年渡米以来、その制作は平面作品に留まらず、多数のハプニングをもらたす様な表現方法にも着手している。

1968年自作自演の映画「草間の自己消滅」を撮り第4回ベルギー国際短編映画祭に入賞、アン・アーバー映画祭で銀賞、第2回メリーランド映画祭でも受賞している。

ヨーロッパ各国でも展覧会を行い草間のドット柄は浸透していく。

1973年帰国、美術作品の制作発表を続けながら、小説、詩集も多数発表。1993年第45回ベニス・ビエンナーレに参加するまでの間、世界の美術館にて個展を巡回させるなど、前衛彫刻家としての知名度は確実に広がる

1994年より野外彫刻を手がけ、ベネッセ・アイランド直島文化村に草間 彌生の彫刻が設置される。

たまからも直島訪れてみたい音符目の前の奇抜なアート達は新鮮で不思議だろうし、また安藤忠雄ビルドの空間が作り出す雰囲気を味わいたぁ~いグー

クッキーを頂きながら、草間のドットと戯れてみます煜

うふふっ音符

ご馳走様でしたコーヒーキラキラ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください